輸入車専門の外車王で事故車の買取りは可能なのか?

輸入車専門の外車王で事故車の買取りは可能なのか?

外車の買取価格納得度ナンバー1の外車王とは

廃車費用がかかると言われてしまった事故現状の輸入車を、高価買取りしている業者があることを知っていますか?

輸入車専門店だからできる適正な査定で、95%以上の顧客満足度を誇っているとのこと。高い顧客満足度はどのようにして獲得しているのでしょうか。実際の査定依頼の流れや口コミなどを見てみましょう。

 

信頼できるパートナー店による買取り

外車王は、 輸入車に特化した事業展開を行うカレント自動車株式会社が運営しています。

全国に厳しい審査をクリアしたパートナー店が存在するため、出張査定による売却の相談にも素早い対応ができる体制が整っています。オンライン査定後に営業電話が鳴り止まなくなった経験がある方も多いでしょう。外車王では一括査定のシステムを採用していないため、一斉電話がかかってくる心配もありません。

 

こだわりの輸入車の価値をわかってくれる

一般的な中古自動車買取店では、輸入車の取り扱いが少ない傾向にあります。

理由は、適正な査定ができるスタッフの不足や、どうしてもオークション価格を元にした査定算出になってしまい安値の提示しかできないことが上げられます。

また、ディーラーで下取りに出す場合も同様で、基本的には自社の車以外を適正に査定することは困難であるため、価値のある車を安く売却してしまったという結果になることが多々あります。外車王は輸入車に対する豊富な知識を元に、その価値を買取り価格に反映させることができるのです。

 

仲介不要の自社ネットワーク

クラシックカーやビンテージカー、国産旧車の専門取扱店も自社で運営しています。

年式や生産国に関わらず、それぞれの価値をしっかりと査定額に反映することができる仕組みが確立されているのです。自社のネットワークであることは、仲介手数料などが発生せず査定額に影響しないというメリットもあります。

 

外車王が買取ることのできる車

外車王が買取りの対象としている車には、どのようなものがあるのでしょうか。実際の買取り実績を交えて見てみます。

 

流通量の少ない特殊な車や高級外車

特殊な輸入車であっても、外車王は専門知識を元にその価値を評価することができます。

ロールスロイスやフェラーリなどの超高級車と呼ばれる価格帯の車や、アウディやポルシェなどの車のスポーツモデルなどは、人気が高いにも関わらず国産車の取り扱いがメインの中古車販売店では査定が難しいと言われています。これには輸入車の査定ノウハウがなかったり、その店舗の客層やニーズに合っていなかったりという原因が考えられます。外車王では、メーカー問わず高価買取りを実現しています。

 

事故車や故障して動かなくなった車

自動車リサイクル法の制定により、事故で破損した車や故障して動かなくなった車は、指定の金額を支払って廃車にしなければいけなくなりました。価値がなくなったと思われる事故車も外車王では買取りの対象となっています。さらには水没車や解体車なども電話一本で引取りに行くサービスも提供しています。

フレームなどの車の基礎的な部分が壊れてしまった車は、修理をしたとしても事故車として取り扱われます。これは売却時の査定で大きく影響のある部分です。外車王では、他社の査定で0円と評価されたフロント部分が大破した輸入車を10万円で買取った実績があります。その後の廃車に関する手続きを全て代行してくれることを考えると、売却する側の利益は大きいと言えます。

 

年式の古い国産車や日本車

外車王は輸入車を専門とした買取り業者ですが、旧車王という”古い車”を専門に取り扱う店舗も運営しています。

一般的な中古販売店との違いは、古くても愛好家たちが注目するような、自動車史にとって重要な車を高く買取ることができるという点です。名車と呼ばれる車を所有者の想いを汲み取りながら査定をするという姿勢が口コミ評価にも表れています。例えばそれが1965年式の車であっても、トヨタスポーツ800なのであれば、外車王はそれを十分に評価することができます。

 

クラシックカーやビンテージカー

街中を走っていると、思わずはっと注目してしまうような輸入クラシックカーやビンテージカー。このような車種は一般的な中古車販売店ではなかなかお目にかかることはありません。正しく評価ができる専門店で取り扱われているからです。外車王は輸入車の中でも、このようなクラシックカーなどに限定して買取りを行う店舗”ガレージカレント”を構えており、他社での見積もりが安いと落胆した所有者も安心して査定を任せることができます。

 

どうして外車王は事故車を買取ることができるのか

外車王の主な事業は、価値のある輸入車を買取り販売することです。では、なぜ事故車の買取りが可能なのでしょうか。

 

整備工場を有しているため修理コストを抑えることができる

破損のある車でも、自社の整備工場での修理やメンテナンスが可能です。輸入車の修理は高額になる傾がありますが、本来ならば外部へ委託する作業を自社で完結することで、中古車の循環を無駄なく行うことができます。

 

自社パーツ部門での部品供給をしている

外車王では自社パーツ部門として、カレントパーツサプライという部品販売事業を展開しています。ここでは、古い車の部品や手に入りにくい部品などの需要にい対応しています。そのため外車王では、事故車は価値のない車ではなく、貴重な部品を搭載している資産なのです。

 

事故車売却時に用意するもの

壊れて動かなくなった車を買取ってほしいときに必要な書類や手続きについて確認しましょう。手続き等は全て外車王が代行しますが、車の引取りがスムーズに完了するように早めに書類を揃えておきます。

 

まだ車検がある状態の車の場合

車検の有効期限がまだ切れていない車を売却する場合は、車検証、自賠責保険証、実印、納税証明書、印鑑証明書などが必要であり、これは国内生産の車を売るときと変わりありません。

 

車検が切れている場合

車検の有効期限が切れている場合は、一時抹消登録書と認印を用意します。この一時抹消登録書とは、一旦は車検は受けないが、また今後乗る可能性があるというときなどに発行申請をするものです。車検切れの車を解体したりい輸出したりする場合にも必要な書類です。まずは所有する車の買取りについて相談する際に、必要となる書類を確認することをお勧めします。

 

外車王での事故車や中古車の買取りの流れ

事故車を売却するということは、なかなかできない経験です。そのため、その手順について慣れている人というのは少ないのではないでしょうか。外車王では、車の所有者の負担を軽減しスムーズな取引きができるような体制が整っています。査定依頼から引き渡し後まで、一連の流れを確認しながら、高い顧客満足度につながっているポイントを見てみましょう。

 

査定の依頼をする

査定の申し込みはメールフォームもしくは電話を選択することができます。車種や車の状態から、買取金額の概算と実車の査定についての案内を受けます。あくまで概算となり、最終の査定額とは異なる場合があります。

 

担当者より連絡が入る

希望の連絡方法で担当者より連絡が入ります。専門のスタッフが車の詳しい現状や修復歴、破損箇所を確認します。実車査定のスケジュールや場所の打ち合わせをします。

 

出張査定または持ち込み査定を実施する

日本自動車査定協会の基準に則り、実車査定を行います。提携店から経験豊富なスタッフが出張査定に派遣され、30分~1時間程度をかけて査定をしていきます。もし走行可能な状態であれば、近くの店舗に持ち込むことも可能です。事故車であっても、所有者の思い出や思い入れといった見えない部分を大切にしてくれます。

 

買取金額の提示とその後の流れの説明

所有者の気持ちに寄り添い、業者オークションや委託販売など、車の状態に合わせた売却方法で最適な買取金額を提示します。たとえ事故車であっても、その部品の価値を見極めて高値をつけられるのが外車王の強みです。

 

売買契約書の発行

査定金額に納得できれば、その場で売買契約書の発行が可能です。工場に持ち込んだあとに発見された故障などで、査定額が減額される二重査定は外車王では一切ありません。

 

車の引取り

自社積載車または提携の陸送業者が安全に車の引取りをします。もちろん引取りの際に発生する手数料や作業費用はありません。輸送中に発生・発覚したいかなる不具合でも、買取金額が変更になることはありません。その後の手続きはもちろん外車王が全て代行します。引き渡し日とその翌日までは、自己負担金なくキャンセルすることができる良心的な取引きを行っています。

 

まとめ

外車王に事故車の買取りをした人の口コミには、大事に乗ってきた車への想いや、その車の価値を十分に理解してくれたという声が多く見られました。たとえ事故車であっても、その車を部品レベルで正しく評価し査定してもらえるということが、人気の秘密であるようです。