日本廃車センターが「ポンコツ」事故車を高価買取り中

日本廃車センターが「ポンコツ」事故車を高価買取り中

「ポンコツ」という言葉がお似合いになってしまった修復歴のある事故車や事故現状車を、高額で買い取っている業者があります。ニコニコレンタカーなどで事業展開を行っている日本廃車センターです。ウェブサイトでは「どんなお車でも0円以上買取保証」を掲げています。中古車販売店では相手にもされないような事故車でも、本当に買い取ってくれるのでしょうか。

 

そもそも事故車とはどのような車なのか

事故車と聞くと、衝突して見た目にも大きな破損のある車を思い浮かべるかもしれません。しかし、自動車業界での事故車の定義は少し違います。事故車とは、車の基礎にあたる部品に損傷を受け、修復した履歴があるもしくは修復が必要な状態の車を指します。

どれだけ痛々しい破損状況であろうと、基礎部分が無事であれば、それは事故車には分類されません。 損傷してしまうと事故車とみなされてしまう基礎の部分には、サイドメンバー、 クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエーターコアサポートがあります。 修復歴は車の点検記録簿で確認することができます。

 

どうして日本廃車センターは事故車を買い取ることができるのか

日本廃車センターはどのような状態の事故車でも買い取りをすると明言しています。その事故車が改造車であっても買取りは可能です。長期間動かしていない不動車も取り扱っています。 ディーラーや中古車販売店ではことごとく敬遠されてしまう条件ばかりです。日本廃車センターが、このような条件の車を買い取ることができる秘密を探ってみましょう。

 

部品・パーツの再利用をしている

事故車として廃車前提で持ち込まれた車の中にも、まだまだ使える部品は数多くあります。それらの部品を再利用し、「リサイクル部品」「リビルト部品」として販売しています。生まれ変わった部品は国内だけではなく、日本車の人気が高い海外へも輸出されています。 高値で取引されることも多いため、日本廃車センターは事故車を買い取っても十分に利益を出すことができます。

 

資源としての価値を査定している

車には大量の鉄やアルミなどの金属が使われています。走行不能な事故車でも、車体そのものに鉄資源としての価値があります。 買い取った事故車から再利用可能な部品を取り出した後は、 リサイクル資源として有効活用することで、さらに利益を生み出すことができます。その結果、買取価格に還元させることができるという仕組みです。

 

海外への販売ルートを持っている

海外での日本車人気は近年ますます高まっています。日本の中古車市場では価値がないとされる過走行の車や修復歴のある事故車も、海外では高く取引がされています。故障が少なくよく走る日本車は、道路の整備が万全ではない発展途上の国でも活躍しています。日本廃車センターは独自の輸出ルートを持っているため、事故車であっても積極的な買取をしているのです。

 

日本廃車センターへ売却依頼をする流れ

日本廃車センターが事故車を買い取ることができる理由がよくわかりました。事故車であっても、その価値を最大限に生かすことができる販売ルートの確保が、買取価格への高い還元率につながっているようです。日本廃車センターに事故車を売却する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。具体的な流れについて確認していきます。

 

無料査定を依頼する

日本廃車センターでは電話もしくはオンラインで無料査定を受け付けています。 営業時間は10時から19時で、年中無休で対応しています。オンラインの査定フォームでは、名前や電話番号のほかに、車両情報を入力する欄が4ヶ所あります。そのうちの三つが必須項目となっています。この段階では車検証などは手元になくても回答ができる内容です。 ただし、電話で問い合わせる際や詳しい買取価格についての案内を受ける際には、車検証があるとスムーズに査定を受けることができます。破損や故障がある事故車の場合は、適正な査定を受けるためになるべく詳しく車の状況を伝えるようにします。

多くの業者は、電話やオンラインで概算の買取価格を算出した後、実際の車を見て最終的な金額を提示します。しかし日本廃車センターでは、そのような手間は必要ありません。電話で聞いた買取価格を、車を引き取る間際に下げるということはしないと約束しています。もちろん提示された金額が納得できなければ、無理に売却を迫られることはありません。

 

必要書類を準備する

提示された買取価格に納得ができたら、晴れて成約となります。引き渡しの日時を決めます。 売却をするには車の所有者にしか入手できない書類が必要となります。少し面倒に感じるかもしれませんが、日本廃車センターのスタッフから丁寧な案内がありますので、不備のないように揃えておくようにしましょう。 普通車と軽自動車でも必要な書類は異なります。また、車検証を紛失したなど事情がある場合は、早めに相談しておくと安心です。

 

事故車の引き渡しと買取金額の受け取り

希望の日時に指定の保管場所で事故車を引き渡します。必要な書類が全て揃っていれば、その場で買い取り金額を現金で受け取ることができます。エリアによっては振込となる可能性もあります。この日までに書類の準備が間に合わなければ、後日郵送で送ります。引き渡し時の立会いは10分程度です。事故直後のレッカー車での搬入にも無料で対応しています。 廃車に関する手続きは印紙代も含め全て無料で代行しています。 提示された買取価格そのままの金額が手元に残ります。 

事故車の引き渡しから起算して30日前からはキャンセル料がかかってしまいますので、売却するかまだ決めかねているという人は特に注意が必要です。引取りのスケジュールも余裕をもって組むようにします。

 

日本廃車センターで事故車を売却した利用者の声

どうしても、無機質で事務的な対応をイメージしてしまう自動車業界ですが、日本廃車センターに寄せられた感謝の声には、高価買取へのお礼とともに接客への評価が多数ありました。車の売却に対して抱えていた不安がなくなったり、前回の対応が素晴らしくリピート来店をしていたりと、担当者の熱心な対応が伺えるような言葉が並んでいます。ここにも日本廃車センターが選ばれている理由がありそうです。その一部を抜粋します。

 

丁寧な対応に、かなり好印象をうけました。私たちの勝手な希望額に少しでも近づけるよう対応していただきました。

14万キロも走った車にお値段をつけて頂いて納得して手放せました。ありがとうございました。

 

まとめ

関東エリアは買取強化中およびスピード引取りが可能です。もちろん日本全国からの依頼に対応しています。日本廃車センターは事故車を買い取っている理由や、その事故車でどのように利益を上げているかなど、惜しみなく情報を公開しています。 また、事故車を廃車にするか修理して乗り続けるかで迷っている人に向けても、日本廃車センターのウェブサイトでプロの目線からアドバイスをしています。保険会社指定の板金工場や民間車検場を保有している業者であるため、その事故車の所有者にとって一番お得になる方法を相談することもできます。まずは日本廃車センターに問い合わせてみると、事故車を廃車にする不安もすっきりと解消して、笑顔で愛車を送り出すことができる結果が待っているかもしれませんよ。