ペチャンコの事故車が◯万円?!廃車買取センターの底力を見よ

ペチャンコの事故車が◯万円?!廃車買取センターの底力を見よ

廃車買取センターが事故車を買取ることができる秘密をお話します。17年落ち、走行距離15万キロで、車前方が大破した車に廃車買取センターが提示した買取価格は25,000円でした。中古車販売店やディーラーに持ち込んでいたら、きっと廃車手数料を取られていたでしょう。もし廃車を検討中なら、これを読んでから売却先を決めてくださいね。

廃車買取センターが事故車を買取ることができる理由

一般的な中古車販売店では、商品として売りやすい車を買い取りたいと思っています。修復歴なし、年式が新しい、車検が長く残っているなど、来店した人の目を引くキーワードが欲しいわけです。利益につながらない事故車や古い車を買い取ることが難しいのも納得ですね。

でも、諦めることはありませんよ。廃車を専門に買い取っている業者なら、中古車販売店が敬遠したくなる状態の車でも積極的に高額査定をしてくれます。そんな業者のひとつが廃車買取センターです。廃車から利益を生み出すノウハウをもっているため、高価買取が可能なのです。

<中古車として輸出している>

事故車や水没車は、たとえ損傷がわずかで綺麗に修理されていたとしても、日本国内での人気は非常に低いです。縁起が悪いからと考える人もたくさんいます。また、よく言われる車を廃車にするタイミングとして「新車購入から10年」や「走行距離10万キロ」という基準があります。消耗品の交換や大きなメンテナンスが必要になってくる頃です。この感覚は日本国内では浸透していますが、海外ではさほど気にされていません。海外では日本車と日本の技術に対する信頼が厚く、たとえ修復歴があっても高く取引されます。廃車買取センターでは、海外への販売網を確保していて、買い取った中古車を輸出するというビジネススタイルを確立しています。日本車への信頼と憧れを伺うことができますね。

<部品やパーツとして販売している>

自動車にはサスペンションやライト、エンジンといった約3万個のパーツが使われいます。このようなパーツは、車体に損傷があってもまだまだ使える状態であることが多いです。動かなくなった車でも、再生可能なパーツを取り出して販売すればかなりの利益が見込めます。丁寧に取り外されたパーツは、アジア諸国とはじめロシアや欧米にも日々輸出されています。最近では国内での需要も高まっているため、廃車からも十分に利益を生み出すことができるのです。

<鉄資源としてリサイクルしている>

中古車として査定を依頼した結果0円だと言われた車でも、廃車専門業者では買取価格を提示してもらえたというケースは多々あります。専門業者には、中古車の徹底的なリサイクルにより、鉄スクラップとしてさえも価値を見出すことができます。車には鉄やアルミニウム、銅などの素材がたっぷりと使われています。これらは貴重な資源として価値があるものです。廃車買取センターでは、部品が取り外されたあとの車からもさらに利益を出せるため、廃車を買い取ることができます。

事故車とはどんな車なのか

日本では人気のない事故車ですが、もしかするとあなたが考える事故車とは少し違うかもしれません。電柱に衝突してライトが欠けたといった場合でも事故車になってしまうのでしょうか。実は、自動車業界での事故車には明確な定義があります。車の骨格部分にあたるパーツに修復歴があるか、修復が必要な状態である場合にそれを事故車と呼びます。該当するパーツは全部で9つで、クロスメンバー、ラジエターコアサポート、フロントインサイドパネル、フレーム、ダッシュパネル、ルームフロアパネル、ピラー、ルーフパネル、トランクフロアパネルです。この9つのパーツに修復歴がなければ事故車とは見なされません。また、これらのパーツは車全体を支える重要なものであるため、修復歴の有無は国内の中古車市場では査定額に大きな影響を及ぼします。

廃車手続きの流れについて確認しよう

<ステップ1 査定依頼の申込み>

まずは査定の申込みをすることからはじめましょう。電話での相談も可能ではありますが、やはり手軽なのはオンラインの無料査定フォームですね。車種や走行距離などの車両情報を中心に、全部で12ある必須項目を入力していきます。車検証を手元に用意しておくと入力もスムーズにできますよ。

<ステップ2 買取価格の確認と車両の引渡し>

査定依頼をしたあと、買取価格が提示されます。査定は無料です。もし金額に納得ができれば契約成立となります。車両の引渡し場所や、希望の日程について打ち合わせをしましょう。引渡しの日までに書類を揃えておく必要があります。普通乗用車の場合は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、リサイクル券、印鑑証明、ナンバープレートを用意します。車の所有者にしか用意できないものもあります。その後の手続が遅れてしまう原因にもなりますので、早めに準備に取りかかることをおすすめします。車検証の紛失や所有者死亡など、事情がある人は別途書類が必要になることがあります。事前に相談をしておくと安心です。

<ステップ3 買取金額の受け取り>

車両を引渡し、書類に不備がなければ買取金額を受け取ることができます。その後の運輸支局での廃車手続きは全て、廃車買取センターが代行してくれるのが嬉しいですね。面倒な作業は一切不要です。手続きが完了したら郵送で通知されます。無事に廃車が終わったのかがわかるので、トラブルになりにくいですね。

他社の買取価格も必ず確認しよう!

業者によって、買取強化中の車種や査定額を算出する方法に違いがあります。複数社に査定を依頼した結果、買取価格に数十万の差が出る可能性も大いにあるのです。愛車を手放すと決めたのであれば、どうせならより高い値段で売れたらいいなと思いますよね。中古車の売却をするには、3~5社の査定を受けるといいとされています。買取価格を比較することで、納得できる価格にたどり着く確率が上がります。

他の事故車買取業者と比較する

事故車の買取をしてもらおうと考えると、気が急いでしまっていて一つの業者に見積もりをとり、すぐに依頼をしなくてはと不安になるかもしれません。
ところが、実は手放す予定の事故車の買取査定が価値ある車だった場合、損をしてしまう可能性があるのです。このような時に、事故車査定の価値を下げずに売却するために、相見積をとりやすい、おすすめの無料査定を行っている事故車買取業者をご紹介します。

事故車買取 カーネクスト

PC 事故車買取カーネクスト

事故車買取り価格(実績件数) ★★★★★
カスタマーサポートの対応 ★★★★★

事故車買取専門店カーネクストのおすすめ理由は、なんといっても事故車買取りの業界においてトップクラスの実績件数があることでしょう。事故車でも高価買取ができる理由は、海外輸出や部品販売の販路を保有しているからです。その強みを活かして、どんな車でも0円以上の買取保証をつけて買取しています。

カーネクストの概要

会社名 株式会社ラグザス・クリエイト
所在地 〒531-6131 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階
代表者名 福重 生次郎
対応エリア 全国対応
サービス詳細 事故車買取、廃車買取、車引取り、廃車手続き

カーネクストを利用したユーザーの口コミ

フロント部分が大破した事故車だったので買取りをしてもらえるとは思っていませんでした。車を購入した販売店に相談しても廃車費用がかかると言われ諦めかけていた時に、事故車買取専門店のカーネクストさんを知り査定してもらったところ、事故車にも関わらず12万円で買い取ってもらいました。廃車費用がかかると思っていた車を買い取ってもらえて価格以上に得した気分になりました。

廃車買取センターの口コミ

廃車買取センターを利用した人の口コミに次のようなものがありました。

トヨタ bB(17年落ち・走行距離15万キロ)買取価格58,000円

一番高い金額がついたため売却しました。真面目な方でとても親切な対応をありがとうございました。

亜由美さんの口コミ

廃車買取センターが17年落ちで過走行の車を買い取った時の口コミです。こちらを見ると自動車業界でよく聞かれる、高圧的な態度での接客もないのが安心できるポイントとなっていることがわかります。原則、レッカー代や書類手続き代行費も無料なので、提示された金額を丸々受け取ることができるため、事故車で買取に期待していなかったという方も満足できる結果ではないでしょうか。年末年始を除いて9時から21時まで年中無休で対応しているため、突然の事故などの際の見積もり対応も安心です。自然災害によって水没した車の引き上げと買い取りにも取り組んだ実績があり、復興への貢献もしているとのことです。

まとめ

事故車買取業者ランキング

廃車買取センターでは廃車の処分を引き受けるだけではなく、より高い買取価格の提示を目指しています。LINE@での無料査定も提供しており、0円以上での買い取りを保証しています。車だけではなく、産業廃棄物、建築廃材、粗大ごみの回収や遺品整理を行う事業も展開しています。廃車買取センターの、困っている利用者の要望に最大限応えようとする取り組みが伺えます。ディーラーや中古車販売店で価値がないと言われたら、一度廃車買取センターに相談してみてはいかがでしょうか。古くなったり、見た目に損傷があるその車の価値をしっかりと買取金額として提示してくれるのではないでしょうか。

全国の事故車買取情報一覧

全国の都道府県別に事故車買取業者や、事故車買取についての情報をまとめています。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県