廃車本舗が総走行距離10万キロの事故車を買い取ったわけ

廃車本舗が総走行距離10万キロの事故車を買い取ったわけ

車を売却したいと思ったとき、人気がある年式の新しい車であれば取引価格の相場を調べることは簡単です。しかし、修復歴があったり事故現状車である場合には、同じようなコンディションの車の取引相場情報にはなかなか巡り会えないものです。そのため、査定を依頼した業者の言い分をまるっきり信じてしまい、言われた通りの廃車代行手数料を支払う羽目になるケースが多いのが現状。今まさに廃車代行手数料を支払おうとしている人はいませんか?その査定金額での成約、ちょっと待ってください。

 

廃車本舗が事故車を買い取っているというのは本当だった

廃車本舗のウェブサイトに、真正面から何かに追突したような、バンパー全体のひどい破損が見られるスバル車の写真が載っています。バンパーと車本体をかろうじてつなぎとめるかのようにテープで応急処置がされている様子がわかります。走行距離10万キロ、 2001年式の車です。この車を見れば、およその人が廃車にするしかないと思うでしょう。車としての価値がなく、廃車にするための引き取り費用が発生することも覚悟するかもしれません。

しかし、この車を廃車本舗は19,770円で買い取っています。しかも、車のレッカー代を含め、廃車本舗での廃車手続きは全て無料です。車の所有者は必要書類を揃えるだけです。このような事故車を買い取ることは、果たして廃車本舗の利益になり得るのでしょうか。

 

事故車の引き取りが無料でできる理由

まず、中古車買取業者に事故車引取りを依頼すると、レッカー代や廃車事務手数料など、高額な料金を請求されることがあります。 これは、中古車買取業者があくまでまだ走れる車を仕入れ、中古車として販売することを事業としているためです。日本では修復歴のある車は人気がありません。修理が必要となる事故現状車も、中古車として販売するまでに多くの費用がかかってしまうためビジネスになりません。結果、車の所有者は手数料を支払って廃車の手続きを依頼することになります。 

一方で、廃車本舗は事故車などの廃車を買い取ることを専門としています。このような廃車専門の買い取り業者は、買い取った事故車や走行不能な車を部品や金属として販売し利益を確保しています。廃車にかかるあらゆる費用を業者が代わりに負担しても、十分な利益になるということがいえます。だから、事故車に対する高額査定も、廃車費用の無料代行も廃車本舗は実現することができるのです。

 

廃車本舗はどのようにして事故車から利益を上げているのか

廃車本舗は事故車を買い取ることで、利益を十分に上げているということがわかりました。では、ディーラーや中古車買取業者では価値がないと言われた事故車で、廃車本舗が利益を出すため仕組みについて調べました。

 

廃車本舗は事故車を買取り海外へ輸出している

テレビで見る海外の映像では、走っている日本車の数に驚かされることがあります。しかも、そのどれもが年式が新しいとはお世辞にも言えない様子です。日本の中古車市場では急激に価値が落ちる製造から10年を超えた車、もしくは10万キロ以上走った車でも、海外での人気は強く輸出事業としては大きな利益を生み出すことができます。事故車に関しても修復さえされていれば、海外では十分に売れる商品なのです。廃車本舗でもまだまだ走れる日本車を需要のある海外へと輸出をする取り組みを行っています。

 

廃車本舗は中古部品の販売をしている

走行不能で解体するしかない状態の事故車であっても、 まだ使用可能なエンジンやマフラーなどの部品があれば、中古車部品として販売することができます。 修理の現場などで必要とされているのはもちろん、このような部品も国内外問わず日々取引きされています。廃車本舗では、買い取った事故車から再利用可能な部品を取り出し、販売することで利益を出しています。

 

廃車本舗は鉄などの資源をリサイクルしている

車の大部分に使われている鉄やアルミニウム、銅などの金属はリサイクル可能な資源です。鉄筋などの材料になるだけでなく、原料から作るよりも製造エネルギーが少なくて済むため、環境保全にも有効な手段といえます。トラックなどの大型車の場合、使われている金属も多いため、より大きな利益となる可能性があります。このように廃車本舗では、買い取った事故車を余すことなく利益につなげるための仕組みが整っています。

 

廃車本舗で事故車を売却する具体的な流れを確認

廃車本舗は中古車の買取りで十分に利益を上げているため、事故車の買取も積極的に行うことができます。せっかく事故車の売却先が見つかっても、手続きが複雑だと依頼したい気持ちも冷めてしまうもの。廃車本舗での売却を検討したいと思ったとき、まずは何から始めればいいのでしょうか。実際の取引きの流れを確認しいていきます。

 

事故車の無料査定を依頼する

廃車本舗への無料査定の依頼方法は2種類あります。フリーダイヤルに電話をかける方法と、オンラインフォームから申し込む方法です。

電話で連絡する場合は、事前に車検証をFAXかメールで送付する必要があるため注意してください。専門スタッフに不明な点を気軽に相談できるというメリットです。

オンライン査定フォームには車種やメーカーなど6つの入力項目があります。車の状態についても可動車から故障車まで6つの選択肢があります。適正な査定額の算出のため、事故車の現状になるべく近いものを選ぶようにします。もしどれを選べばいいか判断がつかないときは、電話での相談を利用しましょう。オンライン査定フォームには、パソコンやスマホから手早く査定依頼ができるというメリットがあります。

 

廃車本舗から査定金額の回答が届く

当日か翌営業日には廃車本舗から査定金額についての回答が届きます。査定の速さもさることながら、驚くのはこれが最終査定額であるということです。通常であれば、所有者の申告をもとに一旦仮の査定額を算出します。その後、それでも引き続き査定を検討したいという場合のみ実車を確認するという次のステップに進みます。実際に車の状態を査定スタッフが確認し、そこで初めて最終的な査定金額が決定します。廃車本舗は、廃車買取り業者には珍しく実車の確認を行わないのです。その分、人権費の削減や時間的負担を軽減することができます。

 

必要書類はレターパックで廃車本舗へ

査定金額に納得し、無事成約となれば廃車の手続きに必要な書類を揃えて送付します。その際、廃車本舗より返信用レターパックが届くので、車の所有者がしなければいけないことは、不備のないよう書類を集めておくだけです。あとは予定に合わせて日程を打ち合わせ、車を引き渡せば完了です。その後の手続き等の一切を廃車本舗が無料代行します。引き渡し時には必要書類の確認が終わっている状態なので、2~3営業日で買取り金額を指定した銀行口座で受け取ることができます。廃車作業完了までは1~2週間程度で、その後の公的書類ももちろん送付してもらえます。

 

まとめ

廃車本舗では全国どこでもレッカー代無料で事故車を買取っています。トラックや法人名義の車などの買取りにも対応しており、可能な限り所有者の希望を考慮しているようです。処分に困っていた不動車を買取ってもらえたといった喜びの口コミも散見されました。廃車手数料やレッカー代を支払って廃車にするしかないと諦めていた事故車も、一度廃車本舗に査定依頼をすると思わぬ値段がつくかもしれませんよ。