安心安全の事故車買取りなら「廃車らぶ」で決まり!

安心安全の事故車買取りなら「廃車らぶ」で決まり!

事故車の廃車を買い取っている業者に、怖いとかとっつきにくいといった印象をもったことはないでしょうか。所有する事故車を廃車にしたいとき、廃車専門の業者に依頼する方がいいとわかってはいても、問い合わせる勇気が出ずに結局ディーラーに持ち込んだという経験談を耳にします。 事故車の廃車を専門の業者に依頼するメリットと、 とっつきにくいという印象を取り払うべく立ち上がった「廃車らぶ」というサイトをご紹介します。

 

事故車の廃車を専門業者に依頼した方がいい理由

まずは、 どうしてディーラーや中古車販売店ではなく、廃車買取の専門業者に事故車を引き取ってもらった方がいいのかを解説します。

事故車というのは、車の骨格にあたるフレーム部分に損傷がある車や、 過去に損傷を受け修復した履歴のある車を指します。一般的にディーラーや中古車販売店では、年式が新しく人気車種で、かつ修復歴がない車を仕入れたいと思っています。それはもちろんビジネスとして中古車を売買し利益を上げるためです。仕入れても高い値段がつきにくく、 最悪見向きもされない事故車は、仕入れる価値のない車となってしまいます。

一方で廃車買取の専門業者では、事故車や不動車も積極的に買取を行っています。 走行可能な中古車として販売するだけでなく、事故車に使われている部品を国内外で再利用することで十分に利益をあげることができます。部品を取り除いた後の車にも、膨大な量の鉄や銅、アルミなどの資源が使われており、これをリサイクルすることで更なる利益を上げることが可能となります。ディーラーや中古車販売店とは仕入れる目的がそもそも違うため、日本の中古車市場で人気のない事故車にも、買取金額をつけることができるのです。

 

「廃車らぶ」 に事故車を売却するといい理由

所有者が事故車になってしまい売却を検討するとき、 廃車にする費用が高くならないか、手続きが複雑ではないかということが気になります。できればなるべく負担する費用が少なく、高く買い取ってくれる業者に売却したいと思うものです。 そのような悩みにも「廃車らぶ」は丁寧に応えてくれます。「廃車らぶ」に事故車を売却するメリットについては次の通りです。

 

理由1 処分料不要である

輸送や解体など、事故車を廃車にするまでには複数の業者や運輸支局での手続きが必要です。 それぞれに作業費用がかかることから、ディーラーなどでは5万円前後の廃車手数料を請求されるケースもあります。「廃車らぶ」は1都道府県当たり平均4社と提携をし、事故車の解体・販売・輸出において最短ルートで作業を完結させることができます。廃車手続きを全て無料で引き受けられる理由は、この連携体制にあったのです。

例えば、バックドアが開かなくなった10年落ちの軽自動車に3万円の買取金額を付けた実績があります。「廃車らぶ」で値段が付けられなかった事故車も、廃車作業は無料で引き受けてもらえます。売却を迫るしつこい営業などは一切しないと約束もしています。 面倒な廃車手続きも全てお任せです。

 

理由2  査定アップのポイントが明白である

事故車がいくらで売却できるかは、その業者の査定にかかっています。しかし、修復歴があるから価値は0円ですと言われたら、仕方がないことなのかと諦めてしまいがちです。「廃車らぶ」では、事故車買取りのプロフェッショナルとして車の状況を的確に判断できるノウハウがあります。利用者の希望に合わせて、最適なプランのアドバイスを受けることができます。さらに、査定依頼の際に事故車の写真を添付して送ると、買取査定額が1~3割アップするとのこと。これは写真の添付により現地での実車査定にかかるコストを買取金額に反映させているようです。 特別な条件の車にのみ適用されるわけではなく、すべての人が利用できるサービスです。これもウェブサイトには明記されており、良心的な業者であることが伺えます。

また、事故車の廃車を検討している人に向けて、車種別の査定ポイントも紹介しています。 例えば三菱の代表的なSUV車であるパジェロについては、輸出の注文がよく入ること、買取価格が高騰するタイミングで売ると良いことが書かれており、大変参考になります。このように「廃車らぶ」は、利用者にメリットとなる情報を大々的に公開している業者なのです。

 

理由3 査定依頼が簡単である

「廃車らぶ」ではオンラインの査定フォームから査定依頼をすることができます。 事故車についての入力必須項目はたった3つです。メーカー、車種、自走可能かどうかを回答すれば査定依頼は可能です。ただし、写真を添付すると査定額アップにつながるため、用意できる場合は写真を添付するようにしましょう。写真は全部で5枚送ることができます。事故による破損がある場合は、その程度がわかるような写真を撮っておくことをおすすめします。

オンライン査定フォーム以外にも、LINEでの査定依頼が可能です。 使い慣れたスマホであれば写真を撮って送るのも簡単ですね。QRコードかID検索で「廃車らぶ」を友達登録をして、必要な情報と写真を送るだけです。名前、引き取り先の市町村、走行可能かどうか、その他補足があれば入力します。 写真は車の前後、内装、メーター、破損や汚れ変色などがあればその部分と車検証を撮影したものを送ります。その後、査定結果についての回答が送られてきます。提供する情報が詳しいほど、査定の時間短縮になります。

もし、まずは気軽に問い合わせをしてみたいということであればフリーダイヤルでの連絡がおすすめです。質問のみでも受け付けています。車検証が手元にあればより詳細な情報を得ることができます。

 

事故車の買取は全国で対応可能

各都道府県に提携業者があるため、全国各地で事故車の買取りに対応しています。相談や査定依頼は平日と土曜日の10時から19時で受け付けています。オンライン査定フォームや LINEからの査定依頼は24時間いつでも送ることができます。全国各地に提携業者があることの強みは、利用者の希望に合わせた迅速な事故車の引き取りが可能であるということです。

事故車は、修理業者で保管してある場合や、事故現場からの移動が困難な場合も多く、状況に合わせて柔軟な引き取りを実現しています。指定エリア以外では引き取り費用が発生することがありますので、事故車の保管場所への対応状況は事前に確認しておくと安心です。また、保管場所周辺の道幅が狭いなど積載車が侵入できない可能性がある場合にも、あらかじめ相談しておきましょう。 

 

まとめ

「廃車らぶ」はその事業コンセプトの通り、 自社のウェブサイトで惜しみなく情報を公開しています。高価買取りをうたっている専門業者でも、買い取った実際の金額などは隠している場合も多いのです。追加で費用がかかるケースについてもしっかりと明記しており、安心して問い合わせができる印象です。

例えば、10年落ちで横転による複数の傷や天井の大きな損傷がある軽自動車を18万円で引き取った事例を公開しています。具体的な数字をあげて減額になったポイントまで詳しく記載しているので、所有する車の状態と比較しながら査定額に期待がもてるウェブサイトに仕上がっています。事故車の買取りについて、自信を持って査定をしているという表れではないでしょうか。輸入車やトラックの買取りも行なっています。事故車の廃車に困ったら「廃車らぶ」に相談をしてみてください。