札幌で事故車買取りといえば札幌パーツと言われる理由

札幌で事故車買取りといえば札幌パーツと言われる理由

札幌で事故車を廃車にしようと考えたとき、まず思い浮かぶ名前は「札幌パーツ」ではないでしょうか。

札幌パーツは北海道札幌市やその近郊を中心として事業展開をする自動車リサイクル専門の業者です。廃車の買取り、リサイクルパーツ生産・販売、中古車販売、ガラス修理、マテリアル生産販売を手掛けています。廃車買取り業者はたくさんありますが、その中でも札幌パーツが選ばれている理由を考えてみました。

 

札幌パーツの廃車買取り

札幌パーツはリサイクル専門業者であるという強みを活かし、廃車の買取りに力を入れています。一般的な中古車販売店では、廃車予定の車や事故車を仕入れても商品としての需要がないため、買取りは困難です。しかし、札幌パーツでは事故車や故障車からも、まだ使用可能な部品や資材を取り出し商品化して利益を生み出すことができます。まずは札幌パーツの廃車買取りの対象車や廃車の流れを見ていきましょう。

 

札幌パーツの買取り対象車

札幌パーツで買取りが可能な車両は事故車、故障車、不動車などです。一般自動車だけではなく、企業用の営業車など(過走行車や不動車)やトラックや大型車も買取りが可能です。重機も買取り対象となっています。また、ローンが残っている車や札幌市以外の車の査定にも対応しています。事故車、故障車、不動車の違いについては以下の通りです。

<事故車>

事故車とは事故を起こした車というわけではありません。事故車の条件とは、事故などで車のフレーム部品(サイドメンバー、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエターコアサポートの9つの部品)が損傷を受け修理や交換を行った経歴がある車を指します。どのような事故でも、9つの部品が無事であれば事故車にはなりません。逆に大した事故ではなくても9つのフレーム部品に損傷があれば事故車扱いになってしまいます。札幌パーツでは事故車であった場合でも買取りが可能です。

<故障車>

故障車とは一部もしくは複数の部品が故障した車です。故障車は故障した部品を交換すれば中古車として再び走行することができます。ただし、中古車販売店へ売却する場合は、査定時に修理費用分を買取り金額から差し引かれてしまいます。これは、中古車販売店では走行可能な故障のない車にしか需要がないためです。

<不動車>

不動車とは、動かないか公道を走れない車のことをいいます。それはエンジンがかからない車、車検切れの車、故障して修理を行っていない車に分けられます。エンジンがかからない車は故障車として扱われることも多いです。また、車検切れの車は、公道を走ることができないため不動車に含まれます。

 

札幌パーツはクリーンな企業

廃車として売った事故車が中古車として売られていることがあります。修復歴を偽っていたりと、不正な方法で車を取り扱う中古車販売業者が少なからず存在します。ただし札幌パーツは決して違います。中古車として買取りをする場合と廃車として買取りをする場合では、手続きが違い金額も変わってきます。札幌パーツの場合は廃車買取り専門であり、廃車としての買取りのみを行っていますし、解体処理までの全ての流れを自社で行っているため安心して任せられます。心配な方は廃車の処理状況を確認できるようになっています。

また、札幌パーツは環境と品質に力を入れています。札幌パーツはISOという世界基準をそれぞれの分野で獲得しています。環境部門がISO14001、品質部門がISO9001です。廃車を依頼する業者を選択するときやオンラインでパーツを買うときの一つの目安にすることをおすすめします。

 

高額査定が可能な理由と3つの無料査定依頼方法

札幌パーツでは査定から解体処理までの全てを自社で行っているため、外注費用や中間マージンが発生しません。その分高額査定が可能になっています。札幌パーツは廃車を解体する過程でリサイクルパーツを取り出し販売しています。そこで利益を上げていることも高額査定を可能にしている要因です。では、札幌パーツに事故車の買取り査定を依頼したいと場合を例に、どのような依頼方法が利用できるのでしょうか。

 

無料査定への申し込みをするための3つの方法

車検証を手元に用意し、札幌パーツに無料査定を依頼します。依頼方法は全部で3種類です。ライフサイクルに合った方法で手軽に依頼が可能です。他社サイトより入力項目が多いのが特徴です。面倒に思うかもしれませんが相互の認識にズレが生じないよう事実に基づいて入力をしていきます。車検証を紛失したり、所有者本人が売却依頼できない状況であるなど、心配なことがあれば事前に相談をしておきます。

<オンライン無料査定フォームに入力>

ウェブサイトにある査定フォームに必要な情報を入力します。型式指定番号や車台番号など車検証を見なければわからない項目も含まれます。さらに重量税や自賠責還付についての回答欄もあります。写真が添付できるので、より正確な査定のためにできるだけ添付るすようにします。

<最寄りの営業所に問い合わせをする>

ウェブサイトには5ヶ所ある札幌パーツの営業所が紹介されています。この中から最寄りの店舗を選択しメールで問合せができます。各営業所情報の下にある「お問合せはこちら」ボタンをクリックするとメーラーが立ち上がります。それぞれの営業所で問い合せ先のメールアドレスが異なるため注意が必要です。

メールには、オンライン無料査定フォームの内容を参考に詳しく車の状態を記載しましょう。事故現状車であれば破損部分がわかるような写真を添付すると査定がスムーズです。

<電話での査定依頼>

オンラインフォームやメールの操作は苦手だという人は、電話で連絡することもできます。オンライン上で査定依頼したのに折り返しの連絡がないという場合にも、電話で問い合わせをしてみましょう。札幌パーツの本社ではFAXでの廃車依頼を受け付けています。

 

買取り金額への同意と引き渡し

買取り金額についての商談があり、晴れて成約となれば車両の引取り、廃車手続きと進んでいきます。廃車手続きには、永久抹消手続き、一時抹消手続き、解体届け手続きがありそれぞれで必要書類が違います。札幌パーツでは廃車手続きの代行や書類作成のアドバイスも行っています。

 

リサイクルの流れ

廃車買取り後、解体作業が開始されます。まずはフロン類、エアバッグ類、シュレッダーダスト類を取り出し、使用可能なリサイクルパーツを厳しい目で選択し取り出し、洗浄と検品を行います。オイル類は燃料として再利用され、タイヤ類はチップとして加工され製紙工場などで使用されます。金属類の鉄資源は原材料としてリサイクルされています。それぞれの過程で登録業者の資格が必要になりますが、札幌パーツは資格を持っているため一貫した流れが自社だけで可能なのです。

 

まとめ

札幌で廃車買取りに特化し、優良な部品の販売やリサイクルに力を入れた事業を展開している札幌パーツ。廃車手続きに関しても、「少々お金がかかっても手間なくお任せで手続きを完了したい」や「できる手続きは自分でこなし、お金をかけずに廃車手続きをしたい」という利用者の様々なニーズに応えるサービスを提供しています。札幌で所有する事故車の処分に困っている人は、一度札幌パーツに相談してみると希望に沿った廃車プランを教えてもらえるかもしれません。