どんな事故車でも高く買うというタウの真実は?

どんな事故車でも高く買うというタウの真実は?

所有する事故車の売却を考えるとき、修復歴のある車の査定額に不安があるとき、一番高値で買取りをしてくれる業者がどこかきになりませんか?

一括査定という手もあるけれど、その後にはきっと何本もの電話がかかってくることはわかっています。なるべく手軽に査定額の目安を知り、なるべく高値で事故車を売却する方法はないのでしょうか。

自分の車には価値はない、引取り手数料を払わなければいけない、そう決着をつける前に事故車の買取りを専門とするタウへ相談してみましょう。

 

全国に店舗を有するタウが事故車を買取る理由

世界100ヶ国以上への流通ネットワークをもつタウは、事故車へのハードルが低い諸外国へ向けて中古車販売事業を展開しています。一般的に日本国内では事故車は敬遠される傾向にあります。そこにはいくつかの理由がありますが、主には縁起が悪いことと、修理費用が高くなりビジネスとして利益を上げにくいということが要因です。需要のない事故車には高値をつけることはできません。

一方で海外では事故車といえども、日本中古車は価値のあるリユース資源とされています。修復歴のある車に対して抵抗がある人は少なく、人気があります。タウはアジアや中南米をはじめ、ヨーロッパへも事故車を輸出できるノウハウを持っているため、そのような海外のニーズに応えることができるのです。

 

タウが推進する事故車のカー・トリアージとは

タウでは損害のある事故車に対して、カー・トリアージという事業の仕組みを構築しています。タウはこのカー・トリアージを、事故車が最も高い価値を発揮するリユース方法だとしています。

 

走行可能な車として再利用する

修理メンテナンスをすることで、まだ走行可能な車として事故車を販売します。仕入れた車を一元管理するシステムをタウ独自に開発し、多言語対応のウェブサイトでオークション形式の販売を行うことで、無駄なく必要な国への車の提供が可能となります。

 

部品の再利用をする

走行困難な車の場合、使用できる部品を再利用します。車を修理をしながら大切に乗りたいと思っても、その車の部品供給が停止となってしまうことがあります。走行中の車から部品を抜き取るわけにはいきませんので、走行できない状態の事故車の出番というわけです。タウが仕入れた部品には国内外問わず広い需要があります。

 

素材のリサイクルをする

車は鉄をはじめとして、アルミや銅、プラスチックなど様々な素材を元に製造されています。当然のことながら、車のボディに使われている金属もまた貴重な資源です。しかも天然資源から新たに鉄を作り出すより、車の廃材から再生して鉄を作ると製造のエネルギーを大幅に削減できます。タウでは事故車の素材もゴミとしてしまわず活用することで、環境面や経済面での社会貢献に繋がる活動をしています。

 

事故車平均買取り金額は35万円

事故現状の車や修復歴のある車は、中古車販売店では査定が0円になるどころか、引取り手数料と取られるケースも多々あります。タウでは、事故車の平均買取り金額が35万円という高額な実績を出しています。しかも出張査定から名義変更に至るまで作業手数料は無料です。車検切れの車も積載車での引取りが可能で、もちろん走行不能車にも対応することができます。どんなにひどい状態でも必ず買取ると宣言しており、実際にエアバックが開くほどの事故に遭った車を100万円以上で買取るという事例は多いというのが驚きです。

 

2つのシュミレーターで事故車の見積もり概算を確認できる

タウのウェブサイトには2つのシュミレーターが用意されています。他社サイトにはあまりないこのシステムは、事故車買取りについて迷っている人にとってはとても参考になるものです。

 

事故車売却シミュレーター

必須項目はたったの5項目です。売却検討中のメーカー、車種、年式、走行距離をプルダウンで選択したあと、損傷情報を選びます。6段階評価で修理見積り額の目安と参考写真が掲載されているため、車の現状と比べやすくなっています。最後に査定結果を表示するボタンを押すのですが、通常このような概算の査定額を見るためには個人情報を入力し、買取り担当者より折り返しのメールや電話で結果を知ることになります。しかし、タウではおよその金額をその場で確認することができるようになっています。シミュレーションの際には生産国問わず75社の自動車メーカーが選択できるようになっています。

 

水害車売却シミュレーター

こちらは、海水被害の場合は、シミュレーションの結果と買取価格が異なりますという注意表記があるものの、水災に遭ってしまった車をオンラインで査定できるのは大変便利です。こちらもメーカー、車種、年式、走行距離を選択します。損傷情報については水没レベル1から6に向かって浸水度合いが深くなっていきます。車に対する水位の目安が明示されています。

 

実際にタウに事故車の買取りを依頼した人の口コミ

タウが実際に事故車の買取りで得ている口コミを紹介します。口コミでは親切な対応と迅速な引取りに対する感謝の声が多いです。その他、処分料がかかることを覚悟していた査定の結果で、買取価格がついたことに驚く利用者も。修理をして乗り続けようと考えていた人も、タウの査定を受けて売却に切り替えたという体験談も掲載されていました。

 

富山県氷見市で「トヨタ クラウン」の事故車を売却した体験談

今まで複数の買取店で車を買い取ってもらった事がありますが、今回は事故車だったので不安に思っていた私。担当の方は電話対応も良く、親切丁寧に説明をして頂けました。本当にありがとうございました!家族も安心した様子でした。また機会があれば利用したいと思います。車の買取はタウがオススメです。

岐阜県関市で「ミライース」の事故車を売却した体験談

新車で購入して1年と2日で不運にも事故でぶつけられ、買い替えを検討するためWebで一括買取査定を依頼したが、なかなか良い回答をえられなかったところ、ディーラー担当者の紹介で連絡先を聞いて即電話してみた。その後はとんとん拍子に進展し、買取を依頼しました…自賠責の解約返金もしていただけました。もちろん担当者も丁寧な対応で、満足度100%!!パーフェクトでした。

東京都大田区で「トヨタbB」の事故車を売却した体験談  

丁寧な対応と迅速かつスムーズな対応をして頂きました。感謝しております。また、廃車費用のかかりそうな車だったのですが、お金がかかるどころか1000円とゆう値段をつけていただきました。ありがとうございます。

 

所有している車が事故車になってしまったら

事故車というのは、修復歴がある車のことをいいます。また、修復歴は車の骨格部分であるフレームを何らかの原因で修理した履歴のことです。見た目にはわからず、よく走る車も修復歴が一度でもあれば事故車となり日本の中古車市場での価値は落ちます。事故車であるかないかに関わらず、日本では10年を超えると車の価値は急激に落ちると言われています。事故車や走行距離が長い車を売却しようとするときは、より求められている市場へと送り出すべきです。

事故車買取りには実に多くの専門知識が必要とされています。例えば水害で海水に浸かってしまった車は、塩害によるサビなどを防ぐためにいち早く高圧洗浄をしなければなりません。その他、バッテリーを迅速に外して自然発火を防止する必要もあります。

 

まとめ

事故車買取りには実に多くの専門知識が必要とされています。例えば水害で海水に浸かってしまった車は、塩害によるサビなどを防ぐためにいち早く高圧洗浄をしなければなりません。その他、バッテリーを迅速に外して自然発火を防止する必要もあります。海外へのネットワークと蓄積されたノウハウで、タウは日々価値がないとされた事故車を蘇らせています。